Page 1 of 2412345»1020...Last »

【一般書ベスト5】足で歩いた頃のこと

若き放浪の日々をつづる表題エッセイほか、2010年代の作品を中心とした詩画63点およびエッセイ16篇を所収。

星野富弘著   偕成社   1,728円(込)

  • Posted at 07:43:38 by 株式会社 山田快進堂 (2017-06-12 (月))

【一般書ベスト5】劇場

演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った―。『火花』より先に書き始めていた又吉直樹の作家としての原点にして、書かずにはいられなかった、たったひとつの不器用な恋。夢と現実のはざまにもがきながら、かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説。

 

又吉直樹著   新潮社  1,404円(込)

  • Posted at 07:40:19 by 株式会社 山田快進堂 (2017-06-12 (月))

【一般書ベスト5】置かれた場所で咲いた渡辺和子シスターの生涯

「人間に上下はありません。しかし、人格に上下はあります」2・26事件、大失恋、ルルドの泉、マザー・テレサ…2016年12月30日に、すい臓がんで89歳の生涯を閉じたシスターの思い出を、30年以上にわたり“名誉息子”として心の交流を重ねてきた著者が語り尽くす。

 

保江邦夫著   マキノ出版  1,404円(込)

  • Posted at 07:37:49 by 株式会社 山田快進堂 (2017-06-12 (月))

【一般書ベスト5】ツバキ文具店

 

ラブレター、絶縁状、天国からの手紙…。鎌倉で代書屋を営む鳩子の元には、今日も風変わりな依頼が舞い込む。伝えられなかった大切な人への想い。あなたに代わって、お届けします。

 

小川 糸著   幻冬舎  1,512円(込)

  • Posted at 07:34:24 by 株式会社 山田快進堂 (2017-06-12 (月))

【文庫ベスト5】アキラとあきら

零細工場の息子・山崎瑛と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇。

池井戸 潤著   徳間書店   1,080円(込)

  • Posted at 07:30:01 by 株式会社 山田快進堂 (2017-06-12 (月))

【文庫ベスト5】空棺の鳥

人間の代わりに八咫烏の一族が住まう世界「山内」のエリート武官を養成する全寮制の学校「勁草院」に入学した少年、雪哉。次の日嗣の御子たる若宮派と巻き返しを図る兄宮派との間で激化する対立の中で次々と起こる事件に雪哉は立ち向かう。競争の中で少年たちは友情を深めていく―。八咫烏シリーズの第四弾。

阿部智里著    文藝春秋   756円(込)

  • Posted at 07:27:35 by 株式会社 山田快進堂 (2017-06-12 (月))

【文庫ベスト5】幸せのありか

 「“優しさ”は“強さ”からしか生まれない」「病んでこそ得られる賜物もある」「倒れても、立ち上がろうとすればいい」…。ミリオンセラー『置かれた場所で咲きなさい』の著者が、身近な体験をまじえて綴った珠玉のエッセイ集。思い通りにいかない人生を笑顔でよりよく生きるための秘訣とは?人間の尊さ、愛の本質、祈ること、自由の意味、謙虚さ…本当に大切なことに気づかせてくれる一冊。

 

渡部和子著  PHP研究所   670円(込)

  • Posted at 07:24:34 by 株式会社 山田快進堂 (2017-06-12 (月))

【文庫ベスト5】虚ろな十字架

中原道正・小夜子夫妻は一人娘を殺害した犯人に死刑判決が出た後、離婚した。数年後、今度は小夜子が刺殺されるが、すぐに犯人・町村が出頭する。中原は、死刑を望む小夜子の両親の相談に乗るうち、彼女が犯罪被害者遺族の立場から死刑廃止反対を訴えていたと知る。一方、町村の娘婿である仁科史也は、離婚して町村たちと縁を切るよう母親から迫られていた―。

 

東野圭吾著   光文社   691円(込)

  • Posted at 07:20:55 by 株式会社 山田快進堂 (2017-06-12 (月))

【文庫ベスト5】リバース

深瀬和久は平凡なサラリーマン。自宅の近所にある“クローバー・コーヒー”に通うことが唯一の楽しみだ。そんな穏やかな生活が、越智美穂子との出会いにより華やぎ始める。ある日、彼女のもとへ『深瀬和久は人殺しだ』と書かれた告発文が届く。深瀬は懊悩する。遂にあのことを打ち明ける時がきたのか―と。

 

湊 かなえ著    講談社   691円(込)

  • Posted at 09:47:38 by 株式会社 山田快進堂 (2017-04-29 (土))

【未分類】置かれた場所で咲きなさい

置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。時間の使い方は、そのままいのちの使い方です。自らが咲く努力を忘れてはなりません。雨の日、風の日、どうしても咲けないときは根を下へ下へと伸ばしましょう。次に咲く花がより大きく、美しいものとなるように。心迷うすべての人へ向けた、国民的ベストセラー。新シリーズ!こころの文庫。

 

渡辺和子著    幻冬舎   540円(込)

  • Posted at 09:45:12 by 株式会社 山田快進堂 (2017-04-29 (土))
Page 1 of 2412345»1020...Last »