【文庫ベスト5】アキラとあきら

零細工場の息子・山崎瑛と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇。

池井戸 潤著   徳間書店   1,080円(込)

  • Posted at 07:30:01 by 株式会社 山田快進堂 (2017-06-12 (月))