【一般書ベスト5】置かれた場所で咲いた渡辺和子シスターの生涯

「人間に上下はありません。しかし、人格に上下はあります」2・26事件、大失恋、ルルドの泉、マザー・テレサ…2016年12月30日に、すい臓がんで89歳の生涯を閉じたシスターの思い出を、30年以上にわたり“名誉息子”として心の交流を重ねてきた著者が語り尽くす。

 

保江邦夫著   マキノ出版  1,404円(込)

  • Posted at 07:37:49 by 株式会社 山田快進堂 (2017-06-12 (月))