【文庫ベスト5】木漏れ日に泳ぐ魚

舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿―共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。濃密な心理戦の果て、朝の光とともに訪れる真実とは。不思議な胸騒ぎと解放感が満ちる傑作長編

 

恩田 陸著     文藝春秋     670円(込)

  • Posted at 08:59:22 by 株式会社 山田快進堂 (2018-03-25 (日))