【おすすめ】化身

keshin荒俣 宏氏「カフカの『変身』を超えるテーマ設定、破格の作家になれる大器が現れた」

高橋 克彦「しばし呆然、いや陶然。あらゆる場面の美しさが極彩色で脳裏に残る。
歴代受賞作に出会った時の興奮が甦る、唯一無二の存在だ」

林 真理子氏「ざわざわと皮膚が反応し、読者の内面を刺激する。この手腕はたいしたものだ」

  • Posted at 10:27:22 by 株式会社 山田快進堂 (2009-12-04 (金))