Page 2 of 26«12345»1020...Last »

【文庫ベスト5】明日の子供たち

三田村慎平は転職先の児童養護施設で働き始めて早々、壁にぶつかる。生活態度も成績も良好、職員との関係もいい“問題のない子供”として知られる16歳の谷村奏子が、なぜか慎平にだけ心を固く閉ざしてしまったのだ。想いがつらなり響く時、昨日と違う明日がやってくる。先輩職員らに囲まれて成長する日々を優しい目線で描くドラマティック長篇。

有川 浩著   幻冬舎  832円(税込)

  • Posted at 16:56:17 by 株式会社 山田快進堂 (2018-04-14 (土))

【一般書ベスト5】かがみの弧城

どこにも行けず部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が集められていた。9時から17時まで。時間厳守のその城で、胸に秘めた願いを叶えるため、7人は隠された鍵を探す―

 

辻村深月著   ポプラ社    1,944円(込)

  • Posted at 07:44:19 by 株式会社 山田快進堂 (2018-04-08 (日))

【文庫ベスト5】億男

「お金と幸せの答えを教えてあげよう」。宝くじで三億円を当てた図書館司書の一男は、大富豪となった親友・九十九のもとを訪ねる。だがその直後、九十九が三億円と共に失踪。ソクラテス、ドストエフスキー、福沢諭吉、ビル・ゲイツ。数々の偉人たちの言葉をくぐり抜け、一男のお金をめぐる三十日間の冒険が始まる。

 

川村元気著   文藝春秋    734円(込)

  • Posted at 09:10:38 by 株式会社 山田快進堂 (2018-03-25 (日))

【文庫ベスト5】闇の叫び

息子のかつての同級生の母親から連絡を受けた大友鉄。娘が通う中学の保護者が何者かに襲われたと言う。やがて別の父兄も被害に遭い、捜査に加わるも容疑者は二転三転。はたして犯人の動機は―。最愛の妻を亡くし、捜査一課から刑事総務課に異動して息子の優斗を育てるイクメン刑事シリーズ、ついに完結!

堂島舜一著    文藝春秋     832円(込)

  • Posted at 09:07:21 by 株式会社 山田快進堂 (2018-03-25 (日))

【文庫ベスト5】終わった人

大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍させられ、そのまま定年を迎えた田代壮介。仕事一筋だった彼は途方に暮れた。生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?ある人物との出会いが、彼の運命の歯車を回す―。日本中で大反響を巻き起こした大ヒット「定年」小説!

 

内館牧子著     講談社     972円(込)

  • Posted at 09:04:36 by 株式会社 山田快進堂 (2018-03-25 (日))

【文庫ベスト5】ラプラスの魔女

ある地方の温泉地で硫化水素中毒による死亡事故が発生した。地球化学の研究者・青江が警察の依頼で事故現場に赴くと若い女の姿があった。彼女はひとりの青年の行方を追っているようだった。2か月後、遠く離れた別の温泉地でも同じような中毒事故が起こる。ふたりの被害者に共通点はあるのか。調査のため青江が現地を訪れると、またも例の彼女がそこにいた。困惑する青江の前で、彼女は次々と不思議な“力”を発揮し始める。

 

東野圭吾著   KADOKAWA         821円(込)

  • Posted at 09:01:56 by 株式会社 山田快進堂 (2018-03-25 (日))

【文庫ベスト5】木漏れ日に泳ぐ魚

舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿―共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。濃密な心理戦の果て、朝の光とともに訪れる真実とは。不思議な胸騒ぎと解放感が満ちる傑作長編

 

恩田 陸著     文藝春秋     670円(込)

  • Posted at 08:59:22 by 株式会社 山田快進堂 (2018-03-25 (日))

【一般書ベスト5】魔力の胎動

自然現象を見事に言い当てる不思議な力。君はいったい何者なんだ?『ラプラスの魔女』前日譚。

 

東野圭吾著    KADOKAWA          1,620円(込)

  • Posted at 08:53:30 by 株式会社 山田快進堂 (2018-03-25 (日))

【一般書ベスト5】あなたはそのままで愛されている

つらい時、生き方に迷う時、気持ちが前向きになる言葉。遺品から見つかった原稿と「最期の日々」の奇跡を収録。

 

 

渡辺和子著   PHP研究所    1,188円(込)

  • Posted at 08:51:24 by 株式会社 山田快進堂 (2018-03-25 (日))

【一般書ベスト5】日本史の内幕

西郷隆盛の性格は、書状からみえる。豊臣秀頼の父親は本当に秀吉なのか。著者が原本を発見した龍馬の手紙の中身とは。司馬遼太郎と伝説の儒学者には奇縁があった―日本史にはたくさんの謎が潜んでいる。著者は全国各地で古文書を発見・解説し、真相へと分け入ってゆく。歴史の「本当の姿」は、古文書の中からしかみえてこない。小説や教科書ではわからない、日本史の面白さ、魅力がここにある!

磯田道史著    中央公論社    907円(込)

  • Posted at 08:48:22 by 株式会社 山田快進堂 (2018-03-25 (日))
Page 2 of 26«12345»1020...Last »