Page 20 of 26« First...10«1819202122»...Last »

【一般書ベスト5】一刀斎夢録 上、下

大正という新時代に違和感を覚える梶原中尉は、1人の元巡査を訪ねる。その老人こそは新選組最強の剣士でありながら維新の動乱を生き延びた斎藤一であった。龍馬暗殺、会津戦争、近藤勇ら隊士の末路……老人の語りに魅せられた梶原は、実は全ての話が無名の少年隊士・鉄之助につながることに気づく。土方歳三最後の写真を箱館から持ち帰った、寄る辺ない少年と斎藤一との哀しくも凄絶なかかわりとは――。『壬生義士伝(みぶぎしでん)』『輪違屋糸里(わちがいやいとさと)』に続く浅田版新選組の、深い感動に打たれる大作です。

浅田次郎著 文藝春秋  各1680円(込)

  • Posted at 10:43:12 by 株式会社 山田快進堂 (2010-09-05 (日))

【文庫ベスト5】のぼうの城 上、下

     

  戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。そのなかに支城、武州・忍城があった。周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ難攻不落の城である。秀吉方約二万の大軍を指揮した石田三成の軍勢に対して、その数、僅か五百。城代・成田長親は、領民たちに木偶の坊から取った「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている御仁。武・智・仁で統率する、従来の武将とはおよそ異なるが、なぜか領民の人心を掌握していた。従来の武将とは異なる新しい英傑像を提示した四十万部突破、本屋大賞二位の戦国エンターテインメント小説。

                     和田竜著 小学館  各480円(込) 

  • Posted at 10:39:54 by 株式会社 山田快進堂 (2010-09-05 (日))

【文庫ベスト5】いっちばん

兄の松之助が長崎屋を出て所帯を持ち、親友の栄吉は菓子作りの修業へ。普段から病弱な若だんなは、さらに寂しそう。妖たちは若だんなを慰めようと、競って贈り物探しに出かけるが。長崎屋と商売がたきの品比べに、お雛をめぐる恋の鞘当て、果ては若だんなと大天狗の知恵比べ―さて勝負の行方はいかに?シリーズ第七弾は、一太郎の成長が微笑ましく、妖たちの暴走も痛快な全五編。

畠中 恵著 新潮社 540円(込)

  • Posted at 09:33:53 by 株式会社 山田快進堂 (2010-08-29 (日))

【一般書ベスト5】謎解きはディナーのあとで

執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理!ミステリ界に新たなヒーロー誕生! 主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子ですが、彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは、なんと日本初!?の安楽椅子探偵、執事の影山です。 彼は、いくつもの企業を擁する世界的に有名な「宝生グループ」、宝生家のお嬢様麗子のお抱え運転手です。本当は、プロの探偵か野球選手になりたかったという影山は、謎を解明しない麗子に時に容赦ない暴言を吐きながら、事件の核心に迫っていきます。 本格ものの謎解きを満喫でき、ユーモアたっぷりのふたりの掛け合いが楽しい連作ミステリです。

東川篤哉著 小学館  1575円(込)

  • Posted at 09:30:05 by 株式会社 山田快進堂 (2010-08-29 (日))

【文庫ベスト5】インシテミル

 米澤穂信 文春文庫  720円(込)

「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給十一万二千円がもらえるという破格の仕事に応募した十二人の男女。とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕する。それはより多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲームだった―。いま注目の俊英が放つ新感覚ミステリー登場。

  • Posted at 08:38:47 by 株式会社 山田快進堂 (2010-08-11 (水))

【一般書ベスト5】母ーオモニ

 姜 尚中著  集英社  1260円(込)

著者初の自伝的小説 遺品の中から見つかったテープは、文字の書けなかった母から息子への遺言だった…。社会全体が貧しく、家族間の体温が熱かった時代の感触が濃密に甦る。「在日」の運命を生き抜いた親子二代の物語。

  • Posted at 08:34:33 by 株式会社 山田快進堂 (2010-08-11 (水))

【一般書ベスト5】プラチナデータ

  東野圭吾著 幻冬舎  1680円(込)

「全ての事件は、DNAが解決する――」 犯罪防止のため受刑者や国民のDNA情報の管理が可能となるDNA法案が国会で可決し、警察庁はDNA捜査システムを導入。警察庁特殊解析研究所主任・神楽龍平が操るこのDNA捜査システムは、現場の刑事を驚愕させるほどの正確さを持って次々と犯人を特定。検挙率が飛躍的に上がる中、それを嘲笑うかのような連続殺人事件が発生。警視庁捜査一課の浅間は、神楽のもとへ訪れ、遺留品のDNA解析を依頼する。事件は、いつものように簡単に解決されるはずだったが――。

  • Posted at 10:23:33 by 株式会社 山田快進堂 (2010-07-19 (月))

【おすすめ】マンチュリアン・リポート

 浅田次郎著 講談社 1575円(込)

『蒼穹の昴』、『珍妃の井戸』、『中原の虹』そして……   14年ぶり書き下ろし長編小説    張作霖爆殺事件―― 日本の関東軍が一国の元首を独断で暗殺するという暴挙に、昭和天皇が激怒、時の内閣は総辞職に追い込まれた。 しかし、内閣総辞職は、事件の真相に蓋をしただけに過ぎない。 なによりも「真実」を知りたいと願ったのは、昭和天皇その人であった――。    密命を受けた使者が「その日」の真実に辿り着く。 混沌の中国。謀略に次ぐ謀略。周到な罠。計算と誤算。    稀代のストーリーテラー渾身の書き下ろし 昭和史の闇に迫る超一級ミステリー    中原の覇王たらんとした英雄が、最期に見た夢とは。

  • Posted at 16:06:52 by 株式会社 山田快進堂 (2010-06-14 (月))

【一般書ベスト5】日本人へ  国家と歴史篇

 塩野七生著 文藝春秋  893円(込)

夢の内閣をつくってみた。大臣たちは、私が慣れ親しんできたローマの皇帝にする―治者とは?戦略とは何か?現代日本が突き当たる問題の答えは、歴史が雄弁に物語っている。大好評『日本人へ リーダー篇』につづく21世紀の「考えるヒント」。

  • Posted at 15:47:41 by 株式会社 山田快進堂 (2010-06-14 (月))

【一般書ベスト5】体脂肪計タニタの社員食堂

  タニタ著  大和書房  1200円(込)

タニタの社員食堂は「体脂肪計タニタ」と呼ばれるだけあって、体脂肪をスッキリ落としてくれる、まんぷく美味しい定食が自慢。特に人気の高い31定食と、「時間がない」「たまにはがっつり丼」という人のために、裏メニューも紹介。野菜だけではなく、肉も魚もしっかり食べながら、メイン、副菜2品、汁物、ご飯の5品で平均500kcalという低カロリー。また、簡単にカロリーを減らすコツや、満腹感を得るコツなども紹介しています。

  • Posted at 10:46:28 by 株式会社 山田快進堂 (2010-05-31 (月))
Page 20 of 26« First...10«1819202122»...Last »