Page 23 of 26« First...1020«2122232425»...Last »

【おすすめ】平野恵理子の身辺雑貨

万年筆にはブロッター、おもたせケーキを切るナイフ、スリムな財布のためのカードホルダー、旅先でくつろぐ3点セット平野さんの暮らしにはまねしたいヒントがいっぱい。年季の入ったわが愛用品50点。

春の気分が漂うコロン。和傘の日傘で夏も涼しく。春夏秋冬の暮らしを楽しむちいさな雑貨、ちいさな工夫をイラストとともに紹介。
 
平野理恵子著  中央公論新社  1575円(込み)
  • Posted at 16:41:35 by 株式会社 山田快進堂 (2010-02-21 (日))

【一般書ベスト5】高峰秀子の流儀

なぜここまで己に厳しくなれるのか?その暮らしに貫かれた生き方の美学。動じない。求めない。甘えない。媚びない……。不世出の名女優、高峰秀子の研ぎ澄まされた感性と心の内にあるものを、唯一側にあることを許された著者が、高峰の肉声を交えながら鋭く描く。何が醜くて何が美しいか。何が本物で何が偽りか。まもなく86歳を迎える彼女の日々の中にその答えがある。写真多数、本人による寄稿文も付す。

斉藤明美著  新潮社 1680円(込み)

  • Posted at 17:35:41 by 株式会社 山田快進堂 (2010-02-20 (土))

【文庫ベスト5】野分一過

野分の到来を予見して、長屋の面々と芝神明社へ避難した小籐次は、そこで知り合った若い女の飼い猫探しに同道し、千枚通しで殺された彼女の旦那を発見する。物盗りの所業か。小籐次はそう見立てたが、野分一過の大川に同様の手口で殺された男の死体が揚がり、事態が急変。はたして、事件の裏には何が隠されているのか。大人気シリーズ、第十三弾。    佐伯泰英  幻冬舎  600円(込み)

  • Posted at 17:20:17 by 株式会社 山田快進堂 (2010-02-20 (土))

【一般書ベスト5】教室の亡霊

                             

深夜、中学校の教室で、かつて教鞭を執っていた男が殺された。黒板の前に横たわる被害者のポケットには、新人女性教師の写真が。浅見家の「落ちこぼれ」光彦が、教育問題に直面する最新事件簿。

中央公論新社  内田康夫著  1785円(税込)

                        

  • Posted at 07:57:29 by 株式会社 山田快進堂 (2010-02-15 (月))

【文庫ベスト5】食堂かたつむり

同棲していた恋人にすべてを持ち去られ、恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、倫子はさらに声をも失う。山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな食堂を始める。それは、一日一組のお客様だけをもてなす、決まったメニューのない食堂だった。巻末に番外編収録。

ポプラ社  小川 糸  588円(税込)

  • Posted at 07:45:28 by 株式会社 山田快進堂 (2010-02-15 (月))

【文庫ベスト5】イノセント・ゲリラの祝祭  上、下

霞ヶ関に乗り込み大暴れ!迷コンビ田口・白鳥vs.官僚幻の短編をプラスした全面改稿版『このミス』大賞を受賞した『チーム・バチスタの栄光』が、300万部を記録。瞬く間にシリーズ累計780万部を突破し、人気シリーズと化した田口・白鳥コンビの『イノセント・ゲリラの祝祭』が文庫になって登場です!医療行政の本丸・厚生労働省で行われた会議に出席した田口医師が目の当たりにした、衝撃的な事実とは?医療過誤と死亡時医学検索、小児科医療、救命救急医療……現代医療のさまざまな問題点を鋭く描きだす社会派エンターテインメント。
 海堂 尊著  宝島社  各500円(込)
 
  • Posted at 15:17:30 by 株式会社 山田快進堂 (2010-01-26 (火))

【おすすめ】廃墟に乞う

13年前に札幌で起きた娼婦殺害事件と、同じ手口で風俗嬢が殺された。心の痛手を癒すため休職中の仙道は、犯人の故郷である北海道の旧炭鉱町へ向かう。犯人と捜査員、二人の傷ついた心が響きあう、そのとき…。感激、感動の連作小説集。主人公は、北海道警察捜査一課捜査員・仙道孝司。「ある事件」をきっかけに自宅療養をしている仙道は、休職中という自由な立場を生かして、持ち込まれた事件の捜査をします。警察手帳も持たず、拳銃も持てない仙道がどのような捜査をするのか?ニセコ、夕張などを舞台に、北海道が抱える社会的問題を鋭く描く第一級のエンターテインメントです。

佐々木譲著   文藝春秋  1680円(込)

  • Posted at 07:40:21 by 株式会社 山田快進堂 (2010-01-25 (月))

【一般書ベスト5】人生と仕事について知っておいてほしいこと

あくせくせずに悠々と自分の運命に従って進んでいくその生涯は強く正しく幸福なものである―ほんとうの成功とはなにか―厳しい現実と向かい合うための心の羅針盤。

1部 人間として成長するために知っておいてほしいこと(人事を尽くして天命に従う;自分の運命を生かすことが幸せにつながる;咲く花はみな違う ほか);2部 人生で成功するために知っておいてほしいこと(人はみな「人生」の主人公;人の才能を伸ばす努力;手を合わせて拝むような気分 ほか);3部 仕事で成功するために知っておいてほしいこと(仕事をみつける努力をしているか;あなたの「仕事」は死んでいないか;「愛される会社」にしているか ほか)

PHP研究所  松下幸之助著  1000円(税込)

  • Posted at 18:01:58 by 株式会社 山田快進堂 (2010-01-14 (木))

【文庫ベスト5】竜馬がゆく 一巻~八巻

「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。

文藝春秋 司馬遼太郎著  各660円

  • Posted at 17:55:27 by 株式会社 山田快進堂 (2010-01-14 (木))

【おすすめ】花世の立春  新・御宿かわせみ

花嫁修業には目もくれなかった花世が源太郎と祝言をあげることに。源太郎も法律を学ぶ身で十分な収入がなく、不安を抱えていた―。表題作など全六篇。若い二人の門出を描く「明治のかわせみ」第三弾。

文藝春秋   平岩弓枝著  1365円(税込)

  • Posted at 17:47:00 by 株式会社 山田快進堂 (2010-01-14 (木))
Page 23 of 26« First...1020«2122232425»...Last »