Page 4 of 24« First...«23456»1020...Last »

【一般書ベスト5】コンビニ人間

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

 

村田沙耶香著   文藝春秋    1,404円(込)

  • Posted at 08:33:44 by 株式会社 山田快進堂 (2017-01-05 (木))

【一般書ベスト5】九十歳。何がめでたい

御年九十二歳、もはや満身創痍。ヘトヘトでしぼり出した怒りの書。全二十八編。

 

佐藤愛子著    小学館   1,296円(込)

  • Posted at 08:30:27 by 株式会社 山田快進堂 (2017-01-05 (木))

【一般書ベスト5】蜜蜂と遠雷

2016年 第156回 直木賞受賞

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を   描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!

 

恩田 陸著  幻冬舎  1,944円(込)

  • Posted at 08:27:14 by 株式会社 山田快進堂 (2017-01-05 (木))

【文庫ベスト5】村上海賊の娘 1~4

時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊―。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景だった。海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女。この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く―。本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞!木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。

和田 竜著   新潮社    1,2巻 637円(込) 3,4巻 680円(込)

  • Posted at 09:47:23 by 株式会社 山田快進堂 (2016-09-22 (木))

【文庫ベスト5】祈りの幕が下りる時

明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。それは孤独死した彼の母に繋がっていた。シリーズ最大の謎が決着する。吉川英治文学賞受賞作。

 

東野圭吾著  講談社   842円(込)

  • Posted at 09:43:51 by 株式会社 山田快進堂 (2016-09-22 (木))

【文庫ベスト5】怒り 上、下

若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」という血文字が残されていた。犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として知れず捜査は難航していた。そして事件から一年後の夏―。房総の港町で働く槇洋平・愛子親子、大手企業に勤めるゲイの藤田優馬、沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉の前に、身元不詳の三人の男が現れた。

 

吉田修一著  中央公論社  各648円(込)

  • Posted at 09:41:02 by 株式会社 山田快進堂 (2016-09-22 (木))

【文庫ベスト5】何者

就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから―。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた5人は就活対策として集まるようになる。だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする、本音や自意識が、彼らの関係を次第に変えて…。直木賞受賞作。

 

朝井リョウ著    新潮社  637円(込)

  • Posted at 09:38:10 by 株式会社 山田快進堂 (2016-09-22 (木))

【文庫ベスト5】山女日記

こんなはずでなかった結婚。捨て去れない華やいだ過去。拭いきれない姉への劣等感。夫から切り出された別離。いつの間にか心が離れた恋人。…真面目に、正直に、懸命に生きてきた。なのに、なぜ?誰にも言えない思いを抱え、山を登る彼女たちは、やがて自分なりの小さな光を見いだしていく。新しい景色が背中を押してくれる、感動の連作長篇

湊 かなえ著    幻冬舎   702円(込)

  • Posted at 09:35:46 by 株式会社 山田快進堂 (2016-09-22 (木))

【一般書ベスト5】危険なビーナス

弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である夫の家族に近づく。兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てばたつほど彼女に惹かれていく。

 

東野圭吾著   講談社   1,728円(込)

  • Posted at 09:29:58 by 株式会社 山田快進堂 (2016-09-22 (木))

【一般書ベスト5】陸王

勝利を、信じろ――。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?

池井戸 潤著   集英社   1,836円(込)

  • Posted at 09:27:15 by 株式会社 山田快進堂 (2016-09-22 (木))
Page 4 of 24« First...«23456»1020...Last »