Page 5 of 24« First...«34567»1020...Last »

【一般書ベスト5】強父論

 

 

没後一年、前代未聞の追悼本 瞬間湯沸器だった弘之氏に罵倒されること何千回。でも、時にはユーモラスな一面も。故人をまったく讃えない(!)「父と娘」の記録。

 

阿川佐和子著   文藝春秋  1,404円(込)

  • Posted at 09:24:11 by 株式会社 山田快進堂 (2016-09-22 (木))

【一般書ベスト5】コンビニ人間

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

村田沙耶香著  文藝春秋   1,404円(込)

  • Posted at 09:18:44 by 株式会社 山田快進堂 (2016-09-22 (木))

【一般書ベスト5】海の見える理髪店

伝えられなかった言葉。忘れられない後悔。もしも「あの時」に戻ることができたら…。母と娘、夫と妻、父と息子。近くて遠く、永遠のようで儚い家族の日々を描く物語六編。誰の人生にも必ず訪れる、喪失の痛みとその先に灯る小さな光が胸に染みる家族小説集。

 

萩原 浩著    集英社  1,512円(込)

  • Posted at 09:15:20 by 株式会社 山田快進堂 (2016-09-22 (木))

【文庫ベスト5】夢幻花

 花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治が殺された。第一発見者の孫娘・梨乃は、祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、ブログにアップす るとともに、この花が縁で知り合った大学院生・蒼太と真相解明に乗り出す。一方、西荻窪署の刑事・早瀬も、別の思いを胸に事件を追っていた…。宿命を背 負った者たちの人間ドラマが展開していく“東野ミステリの真骨頂”。第二十六回柴田錬三郎賞受賞作。

 

東野圭吾著   PHP   842円(込)

  • Posted at 09:22:02 by 株式会社 山田快進堂 (2016-05-03 (火))

【文庫ベスト5】世界から猫が消えたなら

郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気 分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、「この世界から何かを消す。その代わりにあなたは一日だ け命を得る」という奇妙な取引を持ちかけてきた。僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計…僕の命と引き換えに、世界からモノが消えてい く。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化!

川村元気著   小学館   670円(込)

  • Posted at 09:18:55 by 株式会社 山田快進堂 (2016-05-03 (火))

【文庫ベスト5】空飛ぶ広報室

不慮の事故で夢を断たれた元・戦闘機パイロット・空井大祐。異動した先、航空幕僚監部広報室で待ち受けていたのは、ミーハー室長の鷺坂、ベテラン広報官の 比嘉をはじめ、ひと癖もふた癖もある先輩たちだった。そして美人TVディレクターと出会い…。ダ・ヴィンチの「ブック・オブ・ザ・イヤー2012」小説部 門第1位のドラマティック長篇。

 

有川 浩著   幻冬舎   832円(込)

  • Posted at 09:16:24 by 株式会社 山田快進堂 (2016-05-03 (火))

【文庫ベスト5】山田方谷 河井継之助が学んだ藩政改革の師

農民出身ながら、怒濤の時代に、幕政を担う老中の代行役として、備中松山藩(岡山県高梁市)を赤字から黒字経営に転換させ、藩政改革を見事に果たした山田 方谷。改革成功の秘訣は何か?民の幸福を願い「人としての誠を貫く」生き方の中に見えてくるものは…。行財政改革に混迷する今の世におくる啓発の一書。

 

童門冬二著   学陽書房   821円(込)

  • Posted at 09:13:10 by 株式会社 山田快進堂 (2016-05-03 (火))

【一般書ベスト5】羊と鋼の森

2016年 第13回 本屋大賞受賞

ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説

 

宮下奈都著    文芸春秋    1620円(込)

  • Posted at 09:06:22 by 株式会社 山田快進堂 (2016-05-03 (火))

【一般書ベスト5】暗幕のゲルニカ

 

反戦のシンボルにして20世紀を代表する絵画、ピカソの“ゲルニカ”。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、忽然と姿を消した…。大戦前夜のパリと現代のNY、スペインが交錯する、華麗でスリリングな美術小説。

原田マハ著   新潮社  1728円(込)

  • Posted at 09:02:38 by 株式会社 山田快進堂 (2016-05-03 (火))

【文庫ベスト5】七つの会議

きっかけはパワハラだった!トップセールスマンのエリート課長を社内委員会に訴えたのは、歳上の部下だった。そして役員会が下した不可解な人事。いったい二人の間に何があったのか。今、会社で何が起きているのか。事態の収拾を命じられた原島は、親会社と取引先を巻き込んだ大掛かりな会社の秘密に迫る。ありふれた中堅メーカーを舞台に繰り広げられる迫真の物語。傑作クライム・ノベル。

池井戸 潤著   集英社  864円(込)

  • Posted at 08:49:24 by 株式会社 山田快進堂 (2016-02-29 (月))
Page 5 of 24« First...«34567»1020...Last »