俺たちの箱根駅伝 上下

それは、ただのレースではない。2年連続で本選出場を逃した崖っぷちチーム、古豪・明誠学院。4年生の主将・隼斗にとって、10月の予選会が最後の挑戦だ。故障を克服し、渾身の走りを見せる彼らに襲い掛かる、のは「箱根の魔物」。隼斗は、明誠学院は箱根路を走ることが出米るのか?絶対に負けられない戦い、始まる。

池井戸潤著 文芸春秋 1,980円(税込)
池井戸潤著 文芸春秋 1,980円(税込)

飾結び 新・秋山久蔵御用控19

険しい表情で口入屋を見詰める年増。その様子にただならぬものを覚えた秋山久蔵は、女を見張らせる。飾結び作りをしながら暮らす村岡佐奈と判明するが、佐奈には切腹に追い込まれた夫がいた。浪人暮らしを抜け出した矢先に、商人との刃傷沙汰を起こした夫。しかし、その騒動の裏には悪辣な企てが…。人気シリーズ第十九弾。

藤井邦夫著 文芸春秋 847円(税込)

四月になれば彼女は

「あのときのわたしには、自分よりも大切なひとがいた。それが、永遠に続くものだと信じていた」2024年3月22日(金)映画公開が決定した、川村元気による究極の恋愛小説をコミカライズ!精神科医の藤代のもとに、大学時代の恋人・ハルから一通の手紙が届くーー。ハルとの思い出に心がとらわれていくうちに、婚約者の弥生が姿を消して…。

川村元気著 文藝春秋 770円(税込)

磯田道史と日本史を語ろう

日本史を語らせたら当代一! 磯田道史が、半藤一利、阿川佐和子、浅田次郎、養老孟司ほか、各界の「達人」を招き、歴史のウラオモテを縦横に語り尽くす。最新科学で探る日本人の起源から、歴史上のリーダーたちの品定め、弥生式土器を自作した少年時代を語った「磯田道史ができるまで」など、歴史好きなら参加したくなる歴史談義。目からウロコの連続です。

磯田道史著 文藝春秋 990円(税込)

罪の年輪

玉川上水の河川敷で元小学校教員の小村春吉87歳が遺体で発見された。高齢の犠牲者に戸惑う岩倉だったが、やがて自首してきた三嶋輝政も87歳、岩倉にとって過去最高齢の容疑者だった。三嶋は殺人の経緯については素直に自白するが、なぜか動機だけは頑なに語ろうとしない。知り合ってから60年越しに起きた殺人事件の真相は?

堂場瞬一著 文藝春秋 935円(税込)

いわいごと

江戸町名主の跡取り息子・麻之助の元に、縁談が三つもやってきた!しかも、一人は江戸一と謳われる美人。だが、いずれも何やら事情を抱えているようで…。なかなかまとまらず周囲がやきもきするなか、ついに麻之助は祝言を迎えることになる。ここから始まる未来を予感させる、大人気シリーズ第八弾!

畠中恵著 文藝春秋 836円(税込)

話す力 心をつかむ44のヒント

日本人だからこその会話の妙や楽しみ方はあるはず―。初対面の相手との会話から、認知症の親の介護や家庭円満の秘訣、会議や会食まで。インタビュアーを三十年以上続けているアガワが披露するとっておきのエピソードとコミュニケーション術。

阿川佐和子著 文藝春秋 990円(税込)

望月の烏

絶対権力者・博陸侯の後ろ盾のもとで、新たに異世界〈山内〉を統べる金烏代となった凪彦。その后選びのため、南北東西の大貴族の家から選ばれた、四人の姫君たちが、宮中での〈登殿の儀〉へと臨む。しかし下級官吏として働く、絶世の美姫の存在が周囲を--。

阿部智里著 文藝春秋 1,760円(税込)

追憶の烏

人間の代わりに「八咫烏」の一族が支配する世界「山内」。猿との大戦後に正式に即位した金烏・奈月彦は、大貴族四家の負担を増やし、娘の紫苑の宮を跡継ぎとすべく動いていた。外界に留学中の雪哉はその日、信じがたい一報を受け取る―『楽園の烏』に至る20年間に何があったのか?シリーズ最大の衝撃作。

阿部智里著 文芸春秋 803円(税込)

BLANK PAGE 空っぽを満たす旅

母・樹木希林と父・内田裕也をたてつづけに喪った。虚しさ、混乱、放心状態、ブラックホール…人生の核心的登場人物を失い空っぽになった私は人と出会いたい、と切望した。5年間の心の旅路を映す“対話”エッセイ。

内田也哉子著 文芸春秋 1,760円(税込)